顧問弁護士

顧問弁護士の活用の仕方

訴訟や紛争の代理人や極端に問題のある契約書をチェックするだけが顧問弁護士の役割ではありません。日頃の業務の一部を弁護士が担うことによって、業務改善や今後の事業展開に活かしていただくことが最も重要です。

企業の実情を知る顧問弁護士の強み

弁護士と顧問契約を締結しなくても、スポットで仕事を依頼することはそう難しいことではありません。 しかし、案件に応じて、弁護士に対して、自社の商流、業界内での立ち位置、経済的状態の説明から始めなければなりません。問題が生じる度にそのような説明をしなければならないのは迂遠ですし、費用の面でも無駄な相談料やタイムチャージがかかるだけです。
また、弁護士にとっても、一朝一夕で企業背景を理解するのは困難です。一見して不合理に思えることも、会社の商流、業界内での立ち位置、経済的状態、究極的には経営者の好みといった事象を理解すれば、その不合理と思われる取り扱いが実は合理的なものであるということはままあることです。これらの事情を代理人である弁護士が理解していなければ、裁判官等の第三者を説得することは難しいといわざるをえません。

代表弁護士は、ベンチャー、大手の双方内部で執務した経験を有しています。 このような異なった特色を有する組織での勤務経験を活かし、それぞれの組織のニーズに合わせた対応をご提供いたします。 また、ご相談方法についても、契約書点検や相談に関する決まった手順がある会社では、その手続きに沿う形で回答や相談の実施をさせていただくことができる場合もありますので(ご採用のソフトウエアの問題によりお断りせざるを得ない場合があります。)、ご相談ください。法務部やそれに相当する組織がなく、契約書チェックや法律相談の決まったルールがない顧問先には、内部での勤務経験を活かして企業内部でのルール制定からご相談を承ります。

費用面でもお得

顧問契約は、その契約内容に応じて、一定の時間の電話・メール・対面等による無料相談が付属します。実情に応じて適切なコースを選んでいただくことで、スポットで弁護士を利用するより費用の面で遥かにお得と言えます。

標準コース
顧問料 内容 顧問割引(着手金・報酬金)
5万円/月(税別) ご相談は無料
契約書チェック、法律相談の回答作成等の業務4時間分が無料
当事務所の報酬基準より各20%割引
月額10万円コース
顧問料 内容 顧問割引(着手金・報酬金)
10万円/月(税別) ご相談は無料
契約書チェック、法律相談の回答作成等の業務12時間分が無料
当事務所の報酬基準より各30%割引
月額3万円コース
顧問料 内容 顧問割引(着手金・報酬金)
3万円/月(税別) ご相談は無料
契約書チェック、法律相談の回答作成等の業務1.5時間分が無料
当事務所の報酬基準より各15%割引

(全コース共通)文献の調査等を伴わない範囲のご相談は無料です。文献の調査を要する件、顧問先会社からの聞き取りのみで事案把握が完了しない件、書面の起案を要する件及び顧問先会社以外の第三者への対応が生じる件等については、無料相談ではなく業務としてお請けいたしますのでご留意ください。

まずは相談のみからはじめたいという方には、ベンチャー企業支援コースをご用意していますので、こちらからご確認ください。

PAGE TOP