企業のお客様

  • HOME »
  • 企業のお客様

取扱業務

取扱業務全般について簡単ながらご説明させていただきます。詳しくは各個別のページにてご確認ください。

一般企業法務

企業活動の種類は多岐にわたりますが、どのような業種でも、さまざまな場面で法律の問題に直面します。
例えば、事業に必要な取引を行う際には、必ず契約書を作成することになりますが、契約書の各条項の意味を把握し法的リスク分析がなされているでしょうか。
「ちょっと気になるが、問題になる可能性は低そうだし、まぁいいか・・・」
確かに、企業経営では与えられた条件でリスクを分析し決断することが求められます。しかし、そのリスクの程度がどのようなものかということは分析できているでしょうか。法律の側面からリスクの分析を行い、より良い経営判断が行えるようお手伝いをさせていただきます。
また、リスクが顕在化したあとの処理についてもお任せください。売掛金の回収、契約の解除等のさまざまな面で解決の手法をご提案致します。

顧問弁護士

裁判の争い方は大きく分けて二つあるといっていいでしょう。一つは法律解釈を争う方法です。しかしながら、法律解釈については、多くの場面で先例があり、これを覆すことは非常に困難です。とすると、通常、裁判は、もう一つの方法である事実解釈を争うことがメインとなります。いくら弁護士が法律をよく知っていても、弁護する会社のことがわかっていなければ、間違った方針や、不十分な主張をしてしまう危険性が高くなります。つまり、自分の会社の事業を認識している弁護士を確保することは、会社にとって大きな武器になるということです。
顧問契約を結んでいただき気軽に相談ができる環境を整えることで、会社の法務力アップにも繋がりますし、いざというときの備えともなります。実際、多く相談をいただくのであれば、案件ごとに計算するよりも、顧問契約を締結した方が費用の面でも圧倒的にお得です。

ベンチャー企業支援

限られた人的資源のなかで、大きな問題となりがちな法的問題にどう立ち向かっていくのかという答えとして、積極的な弁護士の活用をご提案いたします。
希望に満ちた大きな目標を達成するお手伝いをさせていただきたいとの気持ちから、ベンチャー企業にお勧めのお得な顧問プランもご用意いたしましたので、是非ご確認ください。

企業研修

経営者の皆様より、「会社の法務力を向上させたいが、何から手を付ければいいかわからない」、「新しく出来た法律に対応するために、自分の会社でやるべきことはなんなのか」といったお問い合わせを受けることは少なくありません。弁護士として、企業体の内外双方から、企業にとって必要な情報についてのリサーチを行い、必要に応じて、さまざまなセミナーや報告書を作成してきた経験を活かし、会社の法務力向上のお手伝いをすることができます。
各種研修・セミナーによって、企業の人材を育てるお手伝いをさせていただくとともに、社員自らが能力を向上させようという意欲を喚起する機会となれるよう尽力いたします。

溜池山王駅・国会議事堂前駅5番出口より徒歩2分 TEL 03-5510-7915

PAGETOP
Copyright © 東京リーガルパートナーズ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.