借金問題

借金問題(破産・再生・任意整理)解決の実績豊富な弁護士が相談料無料にてご相談をお受けします。

私は、これまで、弁護士として借金に苦しまれている多くの方に接してきました。
収入の減少により予定していた返済が出来なくなってしまったという方から、買い物やギャンブルに過度にのめり込んでしまい借金を作ってしまったという方まで、皆さん理由は様々ですが、借金を返す術がなく途方に暮れている中でご連絡を頂くことがほとんどです。

しかし、ほとんどの場合において、任意整理や再生、破産といった方法により、悩みを小さくしたり解消することができます。
場合によっては、払いすぎた金利(過払い)の取戻しが出来ることもあります。

まずはご相談ください!

おひとりで悩むよりも、今できることを弁護士に一度確認してください。
債務の状況をお聞きした上で、それぞれの方に合った解決の方法をご提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

法律相談
種類 内容 料金
借金に関する法律相談
(借金問題・債務整理に関するご相談で本サイトをよりお問い合わせを頂いた場合)
借金問題・債務整理に関するご相談をすることができます。 初回相談(1時間以内)は無料※2

※ ご相談料には消費税分が加算されます。

過払い金請求
着手金 報酬金 実費目安項目
0円 返還を受けた過払い金額の20%(訴訟により回収した場合は25%) 郵券、印紙代※1

※ 着手金、報酬金には消費税分がそれぞれ加算されます。
※1 業者と文章をやり取りする際に郵券代が実費としてかかりますが多くの事案が1社あたり500円以下で収まります。他方で、時効間近等の理由により内容証明郵便を利用する等の方法を取らなければならない場合は、この金額より多くなる場合があります。また、訴訟で過払い金を請求する場合は、予納郵券や印紙代がかかるため、実費が1万円を超える場合がありますが、これらの場合の多くは回収金額より実費をねん出することができるため、持ち出しは生じないケースがほとんどです。

任意整理
着手金 報酬金 実費目安項目
1社当たり4万円 ①及び②の合計額
① 業者の請求額から減額させた金額の10%※1
② 過払い金の返還を受けた場合は、過払い金額の20%(訴訟により回収した場合は25%)
郵便切手、印紙代等※2

※ 着手金、報酬金には消費税分がそれぞれ加算されます。
※1 利息制限法による引き直し計算のみによって減額される場合は減額報酬が発生するものではありません。
※2 業者と文章をやり取りする際に郵券代が実費としてかかりますが多くの事案が1社あたり500円以下で収まります。他方で、時効援用のため内容証明郵便を利用する等の方法を取らなければならない場合は、この金額より多くなる場合があります。また、訴訟で過払い金を請求する場合は、予納郵券や印紙代がかかるため、1万円を超える場合がありますが、これらの場合の多くは回収金額より実費をねん出することができるため、持ち出しは生じないケースがほとんどです。

破産
着手金 報酬金 実費目安項目
同時廃止 20万円~ 0円 郵券、官報公告費用※1
管財 25万円~ 0円 郵券、官報公告費用、予納金等※2

※ 着手金、報酬金には消費税分がそれぞれ加算されます。
※ 過払い金の返還を受けた場合は、過払い金額の20%(訴訟により回収した場合は25%)の報酬が別途発生します。
※1 郵券、官報公告費用等の実費のおおよその目安は3万円です。
※2 管財事件となった場合には、予納金として約20万円を裁判所に納めなければなりませんので、その費用を用意する必要があります。

なし35万円0円郵券、官報公告費用、予納金等※2

民事再生
住宅ローン特別条項利用 着手金 報酬金 実費目安項目
あり 25万円~ 0円 郵券、官報公告費用、予納金等※2

※ 着手金、報酬金には消費税分がそれぞれ加算されます。
※ 過払い金の返還を受けた場合は、過払い金額の20%(訴訟により回収した場合は25%)の報酬が別途発生します。
※1 郵券、官報公告費用等の実費のおおよその目安は3万円です。再生委員が選任された場合は、予納金として約15万円を裁判所に納めなければなりませんので、その費用を用意する必要があります。

溜池山王駅・国会議事堂前駅5番出口より徒歩2分 TEL 03-5510-7915

PAGETOP
Copyright © 東京リーガルパートナーズ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.